【 広島県糖尿病療養指導士認定機構 設立の目的 】
糖尿病患者数の著しい増加に対応するために医師のみでなく、医療従事者がそれぞれの専門性を活かしたチーム医療を行う必要があります。 すぐれたコメディカルスタッフの育成を目的として、2000年に日本糖尿病療養指導士認定機構が設立され、2001年より日本糖尿病療養指導士(Certified Diabetes Educator of Japan: CDEJ)の認定を行っています。 しかし、CDEJは病院の勤務交代や時間的制約などで更新のハ―ドルが高いのが実情です。一方では地域に密着したLCDEも22個所で立ち上げられています。中にはCDEJが設立される前からLCDEが活動している所もあります。
この度、広島でも「広島県糖尿病療養指導士認定機構(Hiroshima CDE)」を設立しました。これにより広島県の糖尿病診療レベルが上昇することを期待しております。

Urban View Grand Tower ( Photo by T.Yamacho )


≪大切なお知らせ≫
=日本糖尿病協会入会について
2018年4月認定予定の方(第7回認定試験を受験の方)より日本糖尿病協会への入会が必須条件となっております。
つきましては、日本糖尿病協会への入会
2018年1月25日(木)までにお願いいたします。
(すでに友の会に入会されている方は、代表者の署名・押印が必要です。)
また認定者の方もご入会へのご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
※認定更新者の方は「第3回認定者」の方より入会を必須とさせていただきます。

新着 / お知らせ

新着情報へ
情報登録